2008年12月03日

個人的にトライしてます

 12月になりました。
 岐阜もう〜んとさむくなりましたよ。

 さて、今日は調査中の混合液について。

 カラープロモーションとリマシャンといきいきシードなどの混合

 カラープロモーションとリマトリとβミストの混合

 βエマルジョンとリマトリとの混合

 BYACとリマトリとの混合(これ、BBSでどなたかがやってますね)

 クリームバスとエマルジョンの混合(これは有名ですね)

 クリームバスとオイルエッセンスの混合(個人的にすきです)


 特トリも混ぜてみたいし、シルクジェルもいけそうだ!

 

 我が家のお気に入りは、ベータエマルジョンとリマトリの混合ですねぇ。(嫁が簡単だと言ってました)

 あれやこれやと、来年の企画をたてています。

 今までのリマサリにちょっと変化が付けられるように・・・

 ヘッドスパのカテゴリーは、まだまだ未熟です。(ストレス社会、高齢化社会に向けて、確実に需要はふえてゆくのですけどね)

 今は、トリートメント色を強調したほうがよいのかなーと考える次第です。

 トリートメント & スキャルプという発想です。
 
081203_115220.jpg 
 ナイスショット!

 ヘッドアップしていません!
 左足の壁は、少々甘いか!
 左ひじがうまくボールに力を伝えています。
 メタボなのにしなやかです。

 これならD○○のS田先生に勝てる!
 
 
posted by リトル・タル at 11:56| Comment(0) | 21.リマサリ施術例

2008年06月16日

21−5.オイルの原価

 いや〜、あつくなってまいりましたねぇ。

     いいえ! リマサリですよ!

 この間ご紹介した「フェイスガーゼにオイルをしみこませる」

   ディス イズ 簡単!楽しい! とのご意見をたくさんいただきました。

 うれし〜!  1、 2、 さぁん! (オーモロー!)

 アロマテラピーからリマサリに入るサロンが増えてきてますよ。


 気になる原価について考えてみましたら、これが どえりゃ〜ことになりました。

 30mlボトルで約1200滴。

 ひとり3〜4滴使用と考えて、300人から400人分。
        (なくなりません!)
 ひとりあたり3.5円〜4.6円
        (ガソリン値上がりの時代に安すぎます!)

 100ml詰め替え用だったら・・・もう 言うまでもありません。

    ぃいち! にぃい! さぁん! (1からアホになってしまいました。)
 
        
 バータ、ピッタ、カパのアンバランスが香りで特定でき、食事のアドバイスまでできるなんて・・・
      ・・・リマサリって すばらしい!!

 


  
posted by リトル・タル at 11:58| Comment(0) | 21.リマサリ施術例

2008年06月09日

21−4.オイルのアロマテラピー効果

 リマサリのオイルの香りを楽しむ方法をご紹介します。

 5感のうちのひとつで「嗅覚」があります。

 アーユルヴェーダの本を読んでいて、驚くべき記述がありました。

 うつ病患者にある特定の香りをかいでいただいたところ、3カ月で全員が改善した。とのこと。

 香りがもたらす「心への作用」って、はかりしれませんね。

 そこで、こんなご提案

 シャンプー台でフェイスガーゼをお使いになるケースがあります。

 そのフェイスガーゼに「香りで選んだオイル」を3〜4滴つけます

 それはそれは、素晴らしい香りを体いっぱいに吸い込むことができます。

 「アロマテラピー」ですね。  かなり、いやされます。

 最近、臨店でも「香りを楽しむ方法」としてご案内しています。

 3つのオイルは、皮脂より軽いので、ガーゼは洗濯でOK。

 教えてくださった番長先生! ありがとうございました。

 みなさまも、リマサリのこんな使い方 など、ありましたら「コメント」を使って、どしどしお寄せください。

 ご質問、ご感想でも結構ですよ。 

 
posted by リトル・タル at 13:08| Comment(2) | 21.リマサリ施術例

2008年04月01日

21−1.リマサリカラーとヘマキト

 リマサリちゃんは、リマサリカラーが大好きです。(手羽先も好き)

 リマサリカラーの基本の流れはご存じかと思いますが、ヘマヘマやキトキトもがんばっています。

 今回は、リマサリちゃん仕様のリマサリカラーで、ヘマヘマ、キトキトの働きについて場面ごとに使う意味をおさらいしたいと思います。

 新商品「ポリフェラK」、混合液シルキーベータやスーパーケラチンコンクも出てきて、いろいろな場面で良い結果が出ているようです。

 リマサリちゃん仕様のカラーは、「ツヤのわりには軽いやん!」という印象を残して、退色をおさえてみようという考え方です。

PDFです。「リマサリカラー リマサリちゃん仕様 はたらくヘマヘマキトキト編)
    http://www.wakuwakuseed.com/naka18limasaricolor.pdf


ポリフェラKのカラー剤での添加方法はこちらを参考に

   「ポリフェラKをつかいこなせ」
    http://6310.teacup.com/poly/bbs

もう一度「ヘマヘマ」を見たい方はこちら、
    http://www.wakuwakuseed.com/page91.html

もう一度「キトキト」を見たい方はこちら、
    http://www.wakuwakuseed.com/page92.html


 次はカーリングではたらくヘマヘマ、キトキトについて、手羽先を食べてから考えてみようと思います。
 
posted by リトル・タル at 23:00| Comment(0) | 21.リマサリ施術例

21−2.パーマでのヘマヘマ

 「リマサリのコーナーなのに、今回もヘマるの?」

 そんな声が聞こえそうですが、パーマでのヘマヘマについて補足させていただきます。

 リトルの「失敗しないためのマニュアル」の中の「クリープ期を使ったパーマ」で、「Gヘマヘマ10倍希釈」とあります。

   「失敗しないためのマニュアル」
    http://www.wakuwakuseed.com/manual7.pdf

 中間水洗後、PPTを補給した後に2剤の前にヘマヘマが登場しています。

 これは、先にヘマヘマを髪の中に入れておいて、後からつける2剤の活性酸素を発生させやすくする。「SS結合を戻しやすいように前準備しておく」という意味が強いようです。

 そのほか、トリートメントメニューでは、髪の中に入れたタンパク質をくっつけて大きくする「タンパク鎖間の架橋結合」の性質を生かしています。大きくすれば、出にくくなるという考え方です。

 いろいろな場面で活躍するヘマヘマです。

 タンパク質の架橋結合
 SS結合の補助
 カラーの退色を抑える など


 その場ではわかりにくくても、何日か経過したあとに、お客様に気づいてもらえれば・・・

 黒い色をしていても、おしとやかなヘマヘマですね。

 裏ワザ的な使い方として、部分的に軟化が進みすぎた時にヘマヘマ(5倍)で還元をストップさせる使い方を以前に習ったことがありました。

 還元剤に存在する(マイナス)と、ヘマチンの(プラス)とくっついて、還元力を無力化させるというものでした。

 あ〜、書いている自分がアップアップです。
 
posted by リトル・タル at 22:00| Comment(0) | 21.リマサリ施術例

21−3.梅雨時のリマサリ

 一部ご存じの方もいらっしゃいますが、リマサリの梅雨時メニューをご案内します。

 梅雨時メニューは、子供の髪の毛を意識しております。

 健康な子どもの髪を洗うとき、最初は水を「はじきます」が、徐々に髪に「しみ込み」ます。

 このメニューでは、自然の保護膜のような撥水を表現したいのです。

 髪全体が自然に呼吸するイメージで作りました。
 梅雨時に限らず、混合液はいろいろと応用可能です。

PDFです。「梅雨時のリマサリ ヒーリングメニュー」
    http://www.wakuwakuseed.com/naka19limasarituyudoki.pdf

 いちど おためしください。
posted by リトル・タル at 21:25| Comment(0) | 21.リマサリ施術例