2008年05月08日

7−3.いきいきシード

 いや〜、アップアップでここまで来ました。

 開発者の思いが深ければ深いほど、言葉で伝えにくくなるのでしょうか?

 でも、理解できるとすごく心強いアイテムになるんでしょうね。

 わたしなんて、フィーリングだけで分かったつもりでいたので、こういう機会に勉強できて よかった!

 さて、今回は髪質改善PPTの最後。「いきいきシード」です。

 ダメージが進んで、カラーやパーマが取れやすい・・・という方 みえませんか?

 あるいは

 細毛で髪にコシと弾力がほしい・・・という方 みえませんか?

 いきいきシードは、パーマやカラーが取れやすい方、あるいは、髪に弾力とコシを与えたいという方に最適です。


積極的にケラチンです。

 ここでは、高分子ケラチンの絶妙なブレンドをご紹介します。

 ダメージ部分に定着しやすい高分子ケラチンを配合していますが、実は2種類使用しています。

(1)かたいケラチン、疎水性が特徴の「ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン」
(2)やわらかいケラチン、親水性でオイルがついているのが特徴の「ラウリルジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン」


 わたしは成分の名前をおぼえられませんので、特徴で説明します。

(1)、(2)ともに、カチオン化ケラチンといって、髪のダメージ部分(マイナス)にくっつきやすいプラスのケラチンです。

(1)は、かたいケラチンということもあり、主に髪の強さを与える役目をしています。

(2)は、やわらかいケラチンということと、オイル付きということもあり、主に柔軟なコシとぷりっとした髪質にする役目をしています。


 もともと髪にはケラチンが存在していますが、ダメージによって失われてしまいます。

 ダメージした髪は、中身のタンパク質はもちろん、うるおい分も少ないと思いませんか?

 そんなお悩みの方に積極的に働きかける設計をしています。

 髪がしっかりすれば、ダメージ毛の方でも細毛の方でもパーマやカラーが長持ちするということになりますね。

 いきいきシードにも頭皮への思いやりエキス 「カンゾウエキス」、「キダチアロエエキス」が入っています。


 高分子ケラチンは、ダメージ予防としても優れているんです。
    http://www.wakuwakuseed.com/page86.html

  リマサリの時にも、けっこう出番がありますよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。