2008年05月08日

7−2.さらさらシード

 出張でホームシックにかかってしまい、ようやく自分を取り戻しかけている 今日この頃です。

 みなさま、セコム してますか? (やめときゃよかった)

 気を取り直して・・・第2回目は、「さらさらシード」です。

 くしすべりがいまいち! という方 みえませんか?

 さらさらシードは、「ダメージなどで髪の表面の風合いが悪くなった時」に最適です。

1.ポリグルタミン酸

 アミノ酸ポリマーって聞いたことあると思いますが、髪のすべりと髪の強度を同時に向上させる性能があります。

 サラサラシードが熱処理前に効果が高いのはポリグルタミン酸の力もあります。

2.コメヌカフィンゴ糖脂質

 最近のBBSにも投稿されていましたね。
 野村先生のセミナーで「大根を煮る方法」のあれです。
 米のとぎ汁の中に含まれるものでした。
 髪のCMCを構成するセラミドの一種です。

3.ケラチンとコラーゲン

 表面のさらさら感を出す裏側でPPTも活躍しています。
 さらさらをさらに強く表現するためには、髪自体に、ほどよい弾力とほどよいしっとり感が必要だと考えられます。
 そこで微妙な加減で低分子と高分子のPPTを強化した設計になっています。

 しっとりシード同様に頭皮への思いやりエキス「カンゾウエキス」、「キダチアロエエキス」も入っています。


 「さらさらシード」って髪の表面だけの風合いじゃないんですね。

 アミノ酸ポリマーの 「すべり・摩擦・強度 」を見てみましょう。
    http://www.wakuwakuseed.com/page85.html

            あの〜、リマサリもよろしくね。
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。